EDIT THE WORLD

カメラを持って東京と日本各地と世界を行くエディターのフォトログ

大人の女のSNS論。

 

f:id:honey0202:20160823114259j:plain

 

SNSは人を決して幸せにはしないという研究結果が数多く発表されている中、それでも上手にハッピーに使っている大人の女性たちには共通の特徴がある。

 

「距離感」だ。

 

たとえば、Facebookを例にとると、忙しくて余裕がなかったり、ちょっと気持ちがローな時には見ないようにしている。自分自身も発信しない。そして、元気になったらまた復活するという人がいる。

 

タイムラインを一切見ない、という人もいる。誰かに会うときはその人のページに行って近況をさっとチェックするだけ。

 

逆に、タイムラインを眺めるのが楽しみ、という人もいる。いろんな人がシェアした記事を読んだり、近況を見たり、イベントの情報を知ったりするのが楽しい。だから、気分が上がらないときは、タイムラインを眺めて世界の多様さに思いを馳せ、元気の源にするという。

ごく少数のリアルな友人同士だけでしか繋がっていないのよ、という人もいる。自身のビジネスの拡大のために意識的に情報シェアのために使っている人もいる。

 

つまり、セオリーに正解はないのだ。あるのは「自分にとって心地よい距離感を見つけて、保つ」というシンプルな行動のみ。

 

ふとこれ、現実の人間との関係に似ているな、と思った。

 

心地よい距離感を見つけて、保つ。言うのは簡単だけれど、実はそうではない。

 

心地よい人間関係をつくるために大人の女性がかけてきた時間と、使っている気持ちの総量は相当なものだ、と思う。その中には数々の失敗も含まれる。

 

意地を張りすぎて親友とケンカしてしまったこと。どうしてもと無理な人を追いかけてしまったこと。納得できなくて不毛な議論を続けてしまったこと。痛い思いを経験してきたからこそ、うまく飲みこみ、さらりとかわし、さりげなくケアする術を身につけてきたはずだ。

 

見えない努力を日々積み重ねてきた結果の心地よい人間関係。その自分なりのセオリーをSNSにも応用すればいいのだ。「怖いし面倒だから、SNSはまったくやっていない」という女性にもたまにお目にかかるけれど、とてももったいないと思う。

 

SNSはもはやリアルな社交空間。気持ちのいい場所にするもしないも自分次第でなんとでもできる。

(それでも突っかかってくる人や、違う意見を聞かないなんてどういうこと、という人がいれば華麗にスルーすればいいのだ。タイムラインを心地よいものにするのは、誰にも侵されてはならない「私の自由」だからね)。

ブランド・コンサルタントの守山菜穂子さんと月に1回更新しているサウンドマガジン「Beautiful 40's」では、今回「幸せになりたい40代女性は SNSとどう付き合うべき?」と題して語り合った。

それぞれの使い分けや、ブランド・マネージャーとしてのSNSとの付き合いかたのアドバイス、幸福学の立場から見たSNSと、さまざまな話題が出た。やけに2人とも楽しそうにしゃべっているのは、基本的にネット空間が大好きだからなんだろうな(笑)

そう、私と守山さんは、そもそも15年ほど前にネットで知り合った仲なのだ。この話はまたいずれ、どこかで。



 

サウンドマガジンはこちらから。

note.mu

サウンドマガジンの全文書き起こしはこちらから。

note.mu

 

守山菜穂子さんのブログはこちらから。

naoko-moriyama.hatenablog.jp

 

◆女性向けweb「cafeglebe」でショートストーリー「東京一夜」の連載を始めました。

www.cafeglobe.com

熊本への帰省#04 ご縁があったらまた会いましょう。

f:id:honey0202:20160821212826j:plain

 

「ご縁があったらまた会いましょう」と、この帰省の最中、何度もいわれた。

 

阿蘇・大観望で会った、名古屋から来た家族。震災後なのに失礼かもしれないと思って今、熊本に来てみて、自分の目で現実を見て、優しく心温かい人々に出会ってよかった。ここでもあなたに話しかけてみてよかったわ。ありがとう。ご縁があったらまたお会いしましょう。

 

阿蘇の温泉宿で日帰り温泉に入りに来ていたご婦人。私の家は大津なの。一部損壊よ。でも、くよくよしてたって仕方ないじゃない。温泉に入って、気持ちよくって、そして明日もがんばろう、って思うしかないわよね。あなたもいいお湯を、ご縁があったらまた会いましょう。

 

宿から阿蘇神社までタクシーに乗せてくれた70代の運転手さん。本震の日に、孫娘が立野を崩落10分前に車で走って帰ってきてたんだよね。命って、あるかないかギリギリのところにあるんだね。それがわかったよ。実は私、今日は非番なんだけど、阿蘇に来てくれる人のために車走らせたいじゃない。命があるんだもの。ご縁だもの。あ、ここを曲がると阿蘇神社だよ。気をつけて行ってらっしゃい。ご縁があったらまた会いましょう。

 

運転手さんは、私の姿が見えなくなるまで手を振ってくれた。   

 

偶然のタイミングと、保たれている命と。すべての出会いは奇跡のようなご縁のできごとなんだな、と思った。旅先だけでなく、それは、日々の退屈に思える生活でも、きっとそうなんだろう。

 

私も、生きていこう。

熊本への帰省#03 阿蘇神社〜大きな生のいとなみの中に。

f:id:honey0202:20160821211209j:plain

 

楼門と拝殿が倒壊するという甚大な被害を受けた阿蘇神社へ。 折しも、今年の稲の出来と豊作を祈るお祭り「御田祭」が終わったばかり。権禰宜・内村泰彰さんのインタビューをする「防災ガール」メンバーの傍らで話を聞かせてもらった。

 

f:id:honey0202:20160821211308j:plain

f:id:honey0202:20160821211326j:plain

 

もっとも印象に残ったのは「神社は自然とともにあるもの。災害が起こっても神事は絶やさない。それが神社のつとめなのだ」という言葉。

 

倒壊した楼門の向こうで祭り囃子と若者の歓声がきこえ、境内でヒグラシが静寂を縫うように声を上げる。拝殿の裏側から美しい夏の夕日がやさしくこの一体を照らす。

 

そんな中にひととき身を置き、大きな自然のいとなみも、人のいとなみも、同じく大きな生のいとなみの中にあること。私たちはそれを受け入れつつ、知恵を絞って共存していく存在なのだということ。

そういう謙虚な思いで満たされた。

f:id:honey0202:20160821211502j:plain

防災ガールによる内村権禰宜へのインタビューはこちら。

bosai-girl.com

熊本への帰省#02 阿蘇へ〜復興の湯の幸せと、見知らぬ人との出会いと。

f:id:honey0202:20160821203234j:plain

 

ややありて次のひぐらし鳴きにけり 美樹

 

阿蘇の曲がりくねった長い道をソロドライブで、今宵の宿に到着した。今日は、東京からやってきている仲間たちと阿蘇神社で合流することになっている。

 

途中で立ち寄った景勝地「大観峰」で、名古屋から家族旅行に来ているという家族連れに話しかけられた。

 

熊本のかたですか? 震災の後のこんな時期に失礼かな、と悩んだんですけれど、これも意味のあることかなと思って熊本に来てみたんです。実際にこの目で見て、いろいろなかたとお話しできてよかった。復興って、これからのことなんですね。それがわかりました。テレビで見ているだけじゃわからなかった。今回見たこと、聞いたことを周囲に伝えようと思います。さっき撮っていただいた写真を、来年の年賀状にします。がんばってください。

 

宿では、日帰り温泉に入りに来ているというご婦人にも話しかけられた。

 

私、大津(熊本県菊池郡)なんです。我が家?  一部損壊しました。でもね、くよくよしてたって仕方ないの。こうやって大好きな温泉に入りに来て、明日もがんばろう、って思うしかないじゃない。いいお湯があって、明日があって。命あってこそだものね。あなたは東京から? ああ、ご実家が熊本市内なの。大丈夫だった? 今日はお会いできてよかったわ。温泉楽しんでくださいね。

 

旅先での出会い。名も知らぬ人とのほんのひととき。それでもわかることがある。

 

心やさしき人がいて、心強き人がいて、今日があって、ちょっとだけ幸せを感じられて、明日もあると信じられればいい、ということが。

 

f:id:honey0202:20160821203808j:plain

f:id:honey0202:20160821203817j:plain

 

今回お世話になったのは、「本震」後に甚大な被害を受け、湯が枯れてしまったにもかかわらず、温泉を新たに掘り、3か月で復興を果たした「蘇山郷」さん。まさに復興の湯に浸かり、心身ともに蘇り、幸せを感じました。

www.sozankyo.jp

熊本への帰省 #01 信じることが力なのだろう。

f:id:honey0202:20160821200630j:plain

 

「いつもん道ば通ってみるね?」と母に聞かれた。 阿蘇くまもと空港から実家へ車で行くには、広告も、標識も、信号すらない整備された緑生い茂る美しい道を通るのがスタンダードだ。

 

しかし母は、昔から自分が通い慣れた、町の中を通る古い道を通るほうを好み、私を空港まで迎えにきたときにはいつもそこを選んだ。益城町を通る道を。

 

ここを左に曲がると、アキヨシ叔父ちゃんの実家。覚えとるよね。あそこは全壊したけん、もう誰も住めんとよ。母がそう説明しながら慎重に車を進める。

 

こっから先は覚悟しとかなんよ。

 

…見慣れた通り道は、時空が歪んだようだった。傾いた電柱。斜めになったままかろうじて建物の形を保っているビル。上下の軸が違う二階建て。そして瓦礫と化して自然に帰りつつある木造の一軒家。営業しているかに見える店にも近づいてみると、ガラスの割れた戸が開け放たれたまま、人気はない。

 

私はいったい、なにを見ているのだろう、と思った。無力だ、あまりにも圧倒的な現実の前に私は無力なのだ、という感情しか沸いてこなかった。急に涙があふれて、止まらない。外を眺めているふりをして、ハンドルを握る母に気づかれないようにした。

 

夕方。それでも日常生活を送っていくこの街のひとびとの営みの結果の渋滞につかまる。傾いた建物の角から急にサッカーボールが現れた。 そして、ユニフォームを着た少年たち。学校帰りなのだろう。あまりにも非現実な街で、彼らは急にリアルな事実だった。子どもたちは、これを現実として受け入れ、それでもたくましく育ってゆくのだろう。

 

空港から阿蘇方面に見えた大きな入道雲を思い出した。それでも夏はやってきて、やがて秋になり冬になり、季節はめぐってゆく。そうやって生きてゆくのだ。

 

そう信じることが、力なんだろう。この街にも、そして私にも。

 

f:id:honey0202:20160821200537j:plain

フォーカシング・イリュージョン〜そのとらわれから自由になろう。

f:id:honey0202:20160719172432j:plain



もう少し理想の体型であれば、この恋がうまくいきさえすれば、結婚さえすればすべてがうまくいくのに…と、かつて思った経験はないだろうか。

 

もっと若い頃であれば「この学校に合格さえすれば」「この会社に就職できさえすれば」ということだったかもしれない。

 

じゅうぶん大人になった今では「そうじゃなかった」ということに、とっくに気づいている。


でもやはり、「この○○が○○でさえあれば…」と思わずにいられない。そして、そのことばかり考えてとらわれてしまう。

 

こんな気持ちを「フォーカシング・イリュージョン」と名付けたのは、ノーベル経済学賞受賞者のダニエル・カーネマン。2006年に発表された論文で、人は、収入などの特定の価値を得ることが幸福に直結しないにもかかわらず、それらを過大評価してしまう傾向がある、ということを述べている。


なるほど、私だけじゃなくて人の「傾向」なんだ。

 

この言葉を知ったときに、そう思って安心した。ならば、仕方ない、今度はそこから脱却すればいいんだ、と気持ちが切り替えられたから。

 

それから、なにか1つの考えにとらわれて堂々巡りをしそうになったときには「これはフォーカシング・イリュージョンってやつじゃない? 私、過大評価してない?」と自問できるようになった。

 

芸術家の友人は「人は言葉を生み出したから不自由になったんだよ」とよく言っていた。言葉にとらわれるようになってしまったから、と。なるほど、その気持ちもわかる。

 

でも逆に、言葉を知ることで救われるような気持ちになることだってあるんじゃないかな。私はいつもそう反論していた。

たとえば今の季節なら、実は「涼し」という言葉は夏の季語で、俳句の世界では暑い夜に輝く夏の月を「月涼し」と表現する。こういう言葉を知ると、世界が急に美しく見えてきて、蒸し暑い夜だって、なんだかちょっと涼しく感じられたりもする。そういうようなこと。

 

もう会えないその芸術家はなんと答えていたか、もうはっきりとは思い出せないけれど。

 

さて、ブランド・コンサルタントの守山菜穂子さんと毎月公開しているサウンドマガジン「Beautiful 40's」も第7回目を迎え、今回はボディラインについて話し合った(夏だものね!)

 

その中で「フォーカシング・イリュージョン」についても話している。とらわれすぎず、冷静に自分を見つめて、慈しんでほしいな、と思うし、自分自身でもそうありたい。

Photo : Miki Ikeda @ Manhattan 2012

 

サウンドマガジンはこちらから。

note.mu

サウンドマガジンの全文書き起こしはこちらから。

note.mu


守山菜穂子さんのブログはこちらから。

naoko-moriyama.hatenablog.jp

 

 



美容「道」は大人の女性の娯楽である。

f:id:honey0202:20160426091851j:plain



大学を卒業するまで美容にまったく関心がなかった私は、女性誌の編集者という仕事で美容ページの担当をすることになり驚きの連続だった。

 

世の中にはこんなに多くのブランドがあり、それぞれのポリシーがあり、英知を結集したテクノロジーがあり、さらに日々進化しているということをその時初めて知った。

 

化粧品ブランドの発表会は、さながら生物と化学の講義。女性誌の美容の担当者で、肌の断面図がそらで書けない人はいないだろう。

 

しばらく前まで、女性の間で美容を「武士道」などと同じような「道(どう)」として表現することが流行した。私もその流れに乗って楽しんできたわけなのだけれど、最近、ちょっと違和感を感じてきた。

 

自分が年を重ねたからなのか、向上心がなくなってしまったのかと思っていたのだけれど、ハッと思い出したことがある。

 

守破離という言葉がある。「道」にまつわる言葉で、まずは型を守るところから始め、よりよい自分の型を作ることでその型を破り、最後に型から離れて自在になる、ということである。

 

離れるには、自分自身と型をよく理解していなければならない。私は美容という道について、今ようやく「離」の段階にきたのかもしれない。

 

ブランド・コンサルタントの守山菜穂子さんと月に1回更新している音声コンテンツ「Beautiful 40's」では、彼女の美容革命についても伺ったけれど、まさにそれも「離」。彼女と私では「離」のあとのアプローチがまったく違っているというのもおもしろかった。

 

「道」やら「守破離」やら、なんだか窮屈じゃないか、と思うかたもいるだろうけれど、それも含めて実は女性は娯楽として楽しんでいるのである。

 

人生という大いなるフィールドで大まじめに真剣に遊ぶ。それが大人の女性の真の美容「道」なんだろうな、と思う。


さて、「離」の段階を経た私が、いまもっとも興味のあるスキンケアについてはサウンドマガジンで語っていますので、よろしければお聞きください。

 

サウンドマガジンはこちらから

note.mu

 

全文書き起こしはこちらから

note.mu

 

守山菜穂子さんのブログはこちらから

naoko-moriyama.hatenablog.jp

 

人には大きな悲しみから立ち上がり、成長する力がある。

f:id:honey0202:20160416130146j:plain

平成28年熊本地震の最中にこの記事を書いています。

 

私は熊本市の出身です。両親や親戚、多くの友人が住む町や、何度も行ったことのある場所の刻々と変わる被害の状況、度重なる余震のことを報道で見て、メッセージで励ます以外何もできない自分にはがゆい思いをしています。

 

そこで、自分にできることは何かと考えた結果、私がかつて出合ってつねに胸に置いているひとつの考え方をここに書き留めてみようと思います。

 

PTGという言葉をご存じでしょうか。これはPost-traumatic Growthのことで、日本語では「心的外傷後成長」と訳されることが多いようですが、まだほとんど知られていない考え方かもしれません。

報道などでもよく聞くようになったPTSDはPost-traumatic stress disorderのことで「心的外傷後ストレス障害」。この反対の概念がPTGです。

 

PTG=心的外傷後成長は、災害、事故、病気、親しい人との死別など、大きなストレスとなる出来事のあとに人は精神的な成長を遂げることができる、という考え方をいいます。

 

つらい出来事のあと、人は元に戻ることができるだけでなく、肯定的に変化することができるというのです。

 

たとえば、他者への共感が増す、強さや自信が増す、生きていることや周囲への感謝の念が増す、ライフスタイルや仕事の優先順位が変わる、死生観が変わる、などの変化があるといいます。

でも、実際に不安や悲しみや苦しみの最中にあるときにこう言われても、すぐには信じがたいでしょう。それではどうすればいいのか。

 

ポジティブ心理学を専門とする米・ポートランド州立大学講師のロバート・ビスワス=ディーナー博士は、次のように言っています。

「どうしようもなくつらいときは、それをまず感じてみるのです。無理して気持ちを鼓舞することはありません。まずは逆境に耐え、受けいれ、受け止めてみましょう」

 

結論を急がないこと、とも博士は言います。

 

「心が変化するには、新しい考え方になじまなくてはならないため、時間がかかります。ある程度時間がたって、自分に起きたことを客観的に見られるようになってから、新たな見方でものごとを理解し、前向きな経験を引き出せるようになるのです」

参考:『「幸せ」について知っておきたい5つのこと』(KADOKAWA)

 

「『悲しみ』という感情には、一時撤退して状況を把握し、再起をはかるチャンスをもたらすという機能がある」とディーナー博士。

 

悲しいこと、つらいことはもう起きてしまいました。今はまずそのつらさや悲しみを受けいれる。そしてゆっくりと少しずつ、手元にある幸せを確認し、思いやりや感謝の気持ちを見いだしていく。そうすれば、人は、逆境から立ち直るだけではなくて、起き上がり、さらに跳ね上がり、成長することができるのです。

かつて、あなたがそうしてきたように。そして、今回もあなたがそうできるように。

 

この稿が、熊本地震で直接被害に遭われたかたや、支援しているかた、また、遠方で見守っているかたの一助になりますように。

※これまでの取材や各種研究論文、書籍なども参考にしました。

Photo : Miki Ikeda via Instagram

 

「スタイルのある大人の女」という思い込みと勘違い。

f:id:honey0202:20160322075322j:plain

 

「スタイル」という、便利な言葉がある。

 

自分のスタイル、大人のスタイル。男のスタイル、なんて表現もする。40代の女性でいうと、「大人の女のスタイル」というところだろうか。

 

だいたい、「自分のスタイルのある人はカッコいい」という文脈で使うことが多い。

 

だが、このスタイルという言葉、実はちょっとやっかいだな、と最近、思っている。それは言いかたを変えれば「思い込み」なんじゃないかと気づいてしまったのだ。

 

この色が私には似合っている。

この形と丈のスカートがきれいに見える。

こんなふるまいをするのが私らしい。

こんな態度でいるのが私をより素敵に見せてくれる。

 

…みんな、もし、ただの思い込みで、勘違いだったら?

 

大人になれば、あらゆることに、自分の型ができてくる。しかも、誰かに指摘してもらうこともなければ、客観視する能力にも欠けてくる。その「スタイル」に従っていれば、何も考えずに済むのだからラクだから、改めて考えることもない。

 

「だって、それが私のスタイルだから」。

 

スタイルとカッコよく言って、自分がまだまだ変化させられる可能性のあるところを、ラクして流してはいないかな、と思うようになったのは、ブランド・コンサルタントの守山菜穂子さんとやっているサウンド・マガジン「Beautiful 40's」の第3回目で、40代のファッションの具体例について話し合ったからだ。

 

彼女は、「私はショップに行ってとことん試着するんです。まだ試したことのない新しいアイテムがあれば、気軽に試着してみればいいと思う。意外と、似合うものが見つかるかもしれないですよ」と言った。

ああ、そういえば、私は、ガウチョパンツやロングカーディガンなんて、背の低い私には絶対に似合わないと決めつけて、試着などしてみようとも思わなかった。もしかしたら、ファッションだけでなく、ほかにもそういう思い込みで逃してしまっているものがたくさんあるのではないか? と気がついたのだ。

 

「スタイルのある大人の女」とは、もしかしたら、頑固で融通の利かない女、と同義なのかもしれない。それよりも、変わっていくことを怖れない、柔軟な大人の女でいたい、と思う。

今回のサウンドマガジンはこちらから

note.mu


今回の全文書き起こしはこちらから

note.mu

 

守山菜穂子さんのブログはこちらから

naoko-moriyama.hatenablog.jp

 

Beautiful 40's 全記事まとめページはこちらから。

naoko-moriyama.hatenablog.jp

 

 Cover photo : Miki Ikeda

幸福の材料とは〜3月20日は国連「国際幸福デー」。

f:id:honey0202:20160320234310j:plain

 

今日、3月20日が、国連の定めた「国際幸福デー」ということを知っている人はまだまだ少ないと思う。

 

それもそのはず、この日は2012年6月に採択され、2013年から実施されているまだ歴史の浅い記念日だからだ。国民総幸福量を国民総生産よりも重要とするブータンの提唱により実現したという。

 

www.unic.or.jp

 

幸福って、なんだろう。

どうやったら、幸福になれるんだろう。

 

思えば、ずっとそんなことを考えてきた気がする。書棚にはアランの『幸福論』や、ショーペンハウエルの『幸福について』などの書籍も並んでいる。だけど、答えにはたどりつかなかった。

 

そんなある日、ポジティブ心理学、そして幸福学とよばれる学問に出会った。きっかけは、かかりつけのカウンセラーのひとことだった。

 

「先生、私、なかなか自分の心がコントロールできない気がします。思えば学生時代に、心理学を学びたいと思ったこともあったのだけれど、結局、勉強する機会がなかった。今からでも勉強してみようかな」

 

という私に、彼女はこう言ったのだ。

 

「あなたに向いているのは、私達のような臨床心理学ではなく、ポジティブ心理学(幸福学)だと思います。まだ新しい学問だけど、調べてみる価値はあると思いますよ」

 

それから、ポジティブ心理学、そして幸福学とよばれる一連の学問を、コツコツと独学している最中だ。さまざまな知見が、自分の中にたくわえられつつある。

 

カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学心理学部准教授のエリザベス・ダン博士によると、幸福には3つの「材料」が必要だという。

 

それは、まず「人との交わり」「親切」で、この2つはなんとなく想像がついていたことでもあるのだが、3つめは意外だった。「ここにいること」なのだそうだ。

 

ハッとした。以前、禅僧に話を伺ったときにも「私たちが生きているのは過去でも未来でもなく今、ここである」と教わった。瞑想は、それを意識的に感じる手段でもある。

 

そういえば、私がたしなんでもう20年になる俳句も「今、ここ、我」を詠むもの、とされている。今という瞬間をしっかり目を見開いて観察し、感じないと、俳句はつくれない。作句も、幸福を感じるための方法のひとつを知らず知らずのうちに身につける役に立っていたようだ。

 

つい、泳いでいきがちになる心をしっかりと「今」に据えることが幸福の鍵のひとつ。もっと意識的に「今」を感じる生活をしよう、と思った。

 

幸福学については、もっともっと学び深めていこうと思っている。

 

国際幸福デー。あなたにとっての幸福とは、なんですか?