EDIT THE WORLD

カメラを持って東京と日本各地と世界を行くエディターのフォトログ

退屈というぜいたく〜ピースボート乗船記

f:id:honey0202:20190508131842j:plain

アラビア海にのぼる朝日

 
 

2019年4月20日から8月1日まで、横浜港を出港し世界一周して戻ってくる「第101回ピースボート」に乗船しています。その日々の記録を残していきます。

***


2019年5月7日(火)、日の出05:47、日の入18:28 ベンガル湾

日本では10連休が終わって仕事や学校が始まった日。私もその中にいたらさぞかしつらかったろうと思いを馳せるが、こちらはすっかり退屈している。退屈というぜいたくを味わっているのだ。

というのも、本来であれば5月5日にスリランカのコロンボに着岸する予定だったのだが、大規模なテロ事件があり多くの人が亡くなっているのと、まだ情勢が不安定ということもあり、着岸を見送り5月2日のマレーシア・ペナン島への寄港へと変更になったからだ。

次の寄港地はエジプト・ポートサイドで、日程は5月16日。つまり、約2週間を船の上で水平線を眺めながら過ごすことになる。

ピースボートには「洋上カルチャースクール」というものがあり、多くの人が参加している。今回は、

・サルサ
・社交ダンス
・ノルディックウォーキング
・中文(中国語)教室
・筋トレ・エクササイズ
・ヨガ
・水彩画
・太極拳

だが、私はこれらにあまり興味がないのと、出航間際までの2年間、大学院とフリーランスエディターとしての仕事の両立、そして直前1か月はそれに加えて毎夜「大学院修了祝い」「ピースボート送別会」と称する飲み会で文字通り時間がなかったので、このピースボート乗船は心身を休める旅と決めてきており、まったく出席していない。

13:30からブロードウェイで映画『オーシャンズ8』。『オーシャンズ』シリーズの第4弾で、女性8人の犯罪チームがマンハッタンのメトロポリタン・ミュージアムで開かれる大規模なガラ・ディナーで宝石を強奪するという内容。私は女性の活躍モノや洒脱な犯罪モノが大好きだが、この映画がコケた理由はわかる気がする。ひとことで言って、メリハリがなさすぎた。

ただ、『VOGUE』編集長のアナ・ウィンターの名と姿(これは役者だろうが)を出したり、強奪する宝石が「Cartier」のものであったりと、実在する人物やメゾンを使ったところがお手柄か。元ファッション誌エディターである私としても、メトのガラ・ディナーの様子が映画とはいえ堪能できたところは良かったかな。

夕食はリージェンシーで。和食が多い印象のあるリージェンシーだが、今日は久しぶりに洋食。ニンジンのポタージュと、デザートのチーズケーキが美味だった。

同室の方が21:30に就寝してしまった。今夜は時差調整日なので、明日から逆算すると今は20:30と同じことだよ、早すぎるのでは? と思っても彼女のペースはそうなんだろう。私は、kindleで再読している村上春樹の『国境・辺境』の中にある「メキシコ大旅行」の章を読んで就寝。旅に出ていると、場所とは関係なく紀行文が読みたくなる。