EDIT THE WORLD

カメラを持って東京と日本各地と世界を行くエディターのフォトログ

コロンビア・カルタヘナ〜ピースボート乗船記

f:id:honey0202:20190619105715j:plain

カルタヘナの旧市街

2019年4月20日から8月1日まで、横浜港を出港し世界一周して戻ってくる「第101回ピースボート」に乗船しています。その日々の記録を残していきます。

***

2019年6月17日(日)、日の出05:41、日の入18:25 10°24′N 075°32′W 32℃ コロンビア・カルタヘナ

07:00、カルタヘナに着岸。港がPort Oasis Eco Parkという鳥類と動物の保護施設に接している。通路もこの動物園の中にある。鳥や猿、オオアリクイなどが文字通り放し飼いされているのだ。鳥の鳴き声を聞き、孔雀の跋扈に驚き、小猿に飛びかかられながら港の出口へ歩く。

旧市街まで行くタクシーは片道25米ドルから、と案内されていて、たった4〜5kmの移動にそんなに取られるのか、と思う。交渉の末、3名で各10米ドルということにまとまる。

ドライバーは、必要ない、と何度言っても市内観光や帰りの迎えを提案してくる。初めての国、車窓を眺めていたかったが、ほかの2人が英語ができないのでこのドライバーとのやり取りを何度も何度もしているうちに旧市街に到着。

佐賀からいらっしゃっている、ピースボート乗船2度目の男性と2人で歩くことにする。サン・ペドロ・クラベール寺院、カテドラルなどを見ながらぐるぐる歩き回る。「アグア、アグア」と叫びながら歩く男が多い。水売りだ。

色の多い街だ、と思う。建築群の壁、民芸品、人々の服からお土産品に至るまで、黄、緑、赤、オレンジ、ピンクなど、明るい色であふれているのだ。

f:id:honey0202:20190619105816j:plain

カラフルな色にあふれる土産物店

民族衣装を着て頭の上に果物籠を乗せている女性があちこちに歩いているが、写真を撮るにはチップが必要なのだそうだ。声をかけてくる物売り男はほとんどがパナマ帽を売っている。そうだ、ここは南米なのだと改めて思い出す。

f:id:honey0202:20190619110429j:plain

TERRITORIOのスタッフ

TERRITORIOというブティックを見つけて入ってみた。ショーウィンドウに飾られていたパナマ帽が目を引いたのだ。バッグとハットとアクセサリーのオリジナルブティックらしい。私の頭のサイズは「5」。いくつか試したのち、ショーウィンドウにあったものを購入することにする。24万コロンビアペソ、ということは86〜87米ドルくらいか。悪くない。

f:id:honey0202:20190619105903j:plain

購入したパナマ帽

大きな紙袋を抱えたままサン・フェリペ要塞まで歩いて行くことにする。旧市街から徒歩15分ほどかかった。入場料は10米ドル。要塞は高く堅牢で、眺めはよかったが暑かった。頭が割れるのではないかというほどの暑さと照り返し。

f:id:honey0202:20190619110556j:plain

サン・フェリペ要塞

要塞から旧市街へ戻る途中のビストロで昼食にする。2皿のプリフィクスで6.5米ドル。CLUB COLOMBIAというコロンビア産のビールを頼む。よく冷えていて、軽く、美味だ。店内もほどよく冷えている。

私が選んだのはキャロットスープと、ズッキーニのパスタ。なかなかの美味だった。ビールは2本目に突入。

我々以外に客もおらず、静かな店内で、店員もほとんどこちらに余計なことを言ってこないのでここでしばし涼んで身体を休めることができた。

f:id:honey0202:20190619110656j:plain

コロンビア産ビール

旧市街へ戻り、チョコレートを買い、タクシーと交渉し(今回は1人5米ドルで収まった)、船へ戻る。動物園では朝と同じく、オウムやクジャクが我が物顔で歩き回っている。鳥のけたたましい鳴き声をじっと聞いていると、なんともいえない感傷がよぎる。ずっと昔、私はこういう声を聞きながら森で生活していたのではなかったか、という古代の記憶のようなものが刺激されるのだ。

f:id:honey0202:20190619105949j:plain

エコパークの鳥たち

18:00、ピースボートスタッフの戸田氏、磯辺氏と「波へい」で会食。そこに森達也さんも乱入(!? )してきて楽しいひとときだった。

f:id:honey0202:20190619112810j:plain

ピースボートスタッフの戸田氏、磯部氏、そして森達也さんと

船上からストロベリームーンが美しく見えた。