EDIT THE WORLD

カメラを持って東京と日本各地と世界を行くエディターのフォトログ

パナマ運河について学ぶ〜ピースボート乗船記

f:id:honey0202:20190619031911j:plain

パナマ運河の運行方式についてのスライド

2019年4月20日から8月1日まで、横浜港を出港し世界一周して戻ってくる「第101回ピースボート」に乗船しています。その日々の記録を残していきます。

***

2019年6月15日(土)、日の出05:40、日の入18:47 17°10′N 079°14′W 29℃ カリブ海

10:15、「航路と航海の雑学」に参加。今回はこれから通過するパナマ運河と世界の海流について。現在はPANAMAXと呼ばれるパナマ運河を航行するサイズよりもっと大きな船が通れる運河ができているとのこと。

11:30、「わくわく寄港地 カルタヘナ編」に参加。南米コロンビア最大の観光地といわれるカルタヘナの歴史や見どころ、食べ物、お土産などについてざっと勉強する。城壁に囲まれたカルタヘナの旧市街は世界遺産。築かれた街並みはスペインの富によるもので、昔のスペインの力がいかに強大だったかを物語っている。

14:00、全員参加の避難訓練。船では月に1回程度、避難訓練が行われる。

17:00、リドデッキで好物のタコライスを食べて部屋にいると、女声コーラスの講師である田野妙子先生から電話がかかってくる。昨日、彼女の誕生日だったので今日は4階のリージェンシーでバースデーパーティーを行っているとのこと。慌てて参加して、通常のメニューに加えワインをごちそうしていただいた。皆でハッピーバースデーを歌いケーキをいただく。先生からはラテン語の「アヴェ・マリア」の独唱が披露された。素晴らしい歌声だった。