EDIT THE WORLD

カメラを持って東京と日本各地と世界を行くエディターのフォトログ

『ドキュメンタリーは嘘をつく』〜ピースボート乗船記

f:id:honey0202:20190617223719j:plain

カリブ海

2019年4月20日から8月1日まで、横浜港を出港し世界一周して戻ってくる「第101回ピースボート」に乗船しています。その日々の記録を残していきます。

***

2019年6月11日(火)、日の出05:53、日の入19:40 26°25′N 072°34′W 27℃ 大西洋

昨日、船内をあまり出歩かず本を読んで寝てしまったので寝すぎて疲れている。何もしたいことがないのもかなりつらい。こういう自分の性分がわかっただけでも価値ある時間なのだと思うことにする。

11:00、「緊急企画1 スタッフが語るジャマイカの魅力」というイベントに参加。今回、ジャマイカは寄港予定ではなかったのでほとんどの人が情報を持ち合わせない。思った通り、会場はあふれるほどの満席だった。ひとまず、治安は悪いということ、ビーチはある程度安全だということ、レッドストライプという地ビールがあること、ジャークチキンが名物であることがわかる。そしてもちろんボブ・マーリー。

今回、ジャマイカに寄港することがわかって「ボブ・マーリーだね」と言ったところ「それ何ですか?」と聞かれたことも思い出す。そんなものなのかもしれない。自分の常識は人の常識ではないということ。

11:40からは女声合唱の練習。

13:00から、今回の乗船で楽しみにしていた映画監督・作家の森達也氏の『ドキュメンタリーは嘘をつく』上映&トーク。これが抜群におもしろかった。もともとドキュメンタリーには興味があるうえ、自分もメディア業界の末席で仕事をしてきたからだろうか。

『ドキュメンタリーは嘘をつく』の中でドキュメンタリー作品を撮っている監督たちへのインタビューがあるのだが、皆、一様に「ドキュメンタリーは事実ではない」という。事実を素材にした「作品」なのだと。また、「事実」はひとつだが「真実」は人の数だけあるということも。納得できる。

講座の後、森氏の書籍を2冊枚求めてサインもいただいた。