EDIT THE WORLD

カメラを持って東京と日本各地と世界を行くエディターのフォトログ

自主企画の場所を予約する〜ピースボート乗船記

f:id:honey0202:20190611055943j:plain

霧に煙る大西洋


2019年4月20日から8月1日まで、横浜港を出港し世界一周して戻ってくる「第101回ピースボート」に乗船しています。その日々の記録を残していきます。

***

2019年6月6日(木)、日の出04:49、日の入20:10 大西洋

大西洋に入ってからどうにも衛星通信の調子が悪く、たった1ファイルの原稿を送るために30分ほどMacの画面をにらんでいたがついに送れず、あきらめる。繋がらないのにカードの分数だけが減っていくという話を他でも聞く。私だけではないのだとわかったが、どうすることもできないので時間帯を変えて何度か通信を試してみるも繋がらない。

11:30、8階公共スペースの「アゴラ」へ。今日は女声合唱の練習場所取り当番なのである。希望の位置に紙を貼り、他の人とかぶれば時間を縮めて譲り合うかじゃんけんをするらしい。幸い、私たちの希望の時間には他の希望者がいなかったので、すんなりと予約が取れる。

午後はパスポートを受け取りに「スターライト」へ。基本的にパスポートは船が預かっていてくれるが、国によってはパスポートの携帯を義務づけられているので返却があるのである。米国はこれに当たる。

それ以外の時間はずっと佐々木譲の『警官の紋章』を読んで過ごす。これも船内図書室から拝借した。

夕刻、どうしても連載の原稿ファイルが送れないので、メッセージ画面にテキスト貼り付けで送ることになった。それでもメッセージ画面が出てくるまでに数十分待たなくてはならなかったのだが。船上の通信インフラってどうにかならないものだろうかねえ。

明日はニューヨーク。