EDIT THE WORLD

カメラを持って東京と日本各地と世界を行くエディターのフォトログ

熊本への帰省#03 阿蘇神社〜大きな生のいとなみの中に。

f:id:honey0202:20160821211209j:plain

 

楼門と拝殿が倒壊するという甚大な被害を受けた阿蘇神社へ。 折しも、今年の稲の出来と豊作を祈るお祭り「御田祭」が終わったばかり。権禰宜・内村泰彰さんのインタビューをする「防災ガール」メンバーの傍らで話を聞かせてもらった。

 

f:id:honey0202:20160821211308j:plain

f:id:honey0202:20160821211326j:plain

 

もっとも印象に残ったのは「神社は自然とともにあるもの。災害が起こっても神事は絶やさない。それが神社のつとめなのだ」という言葉。

 

倒壊した楼門の向こうで祭り囃子と若者の歓声がきこえ、境内でヒグラシが静寂を縫うように声を上げる。拝殿の裏側から美しい夏の夕日がやさしくこの一体を照らす。

 

そんな中にひととき身を置き、大きな自然のいとなみも、人のいとなみも、同じく大きな生のいとなみの中にあること。私たちはそれを受け入れつつ、知恵を絞って共存していく存在なのだということ。

そういう謙虚な思いで満たされた。

f:id:honey0202:20160821211502j:plain

防災ガールによる内村権禰宜へのインタビューはこちら。

bosai-girl.com