EDIT THE WORLD

カメラを持って東京と日本各地と世界を行くエディターのフォトログ

ジャマイカ2日目〜ピースボート乗船記

f:id:honey0202:20190619030952j:plain

ネグリルのビーチとRed Stripe

2019年4月20日から8月1日まで、横浜港を出港し世界一周して戻ってくる「第101回ピースボート」に乗船しています。その日々の記録を残していきます。

***

2019年6月14日(金)、日の出05:35、日の入18:49 18°28′N 077°56′W 30℃ ジャマイカ・モンテゴベイ

昨日は通じていたグローバルWi-Fiに「Code7」というエラーが出て通じない。ネットが繋がらないわけなので、調べようもない。まあ、いいか、と思っていたところ、すべての人が通じなくなっていたようで、朝からレセプションでちょっとした騒ぎになっていたとのこと。

昨日「ドクターズ・ケーブ・ビーチ」を往復してくれたドライバーのマイケルが、今日はジャマイカ西端の「ネグリル」というビーチに連れていってくれることになっている。ネグリルはセブンマイル・ビーチと呼ばれ、有名なのだそうだ。

9:00に総勢13名で出発。Hopewell、Sandy Bay、Luceaといったジャマイカの小さな町々を抜けてハイエースが走る。どの町にも中心部があり、人々の暮らしがあることが見て取れる。1時間半後にネグリルに到着。

TREE HOUSE RESORTというホテルのビーチに連れてきてくれたようだ。入場料は5米ドル。トニーモンタナという名の男性がビーチチェア、パラソルなどを立てて面倒を見てくれることになった。

ビーチはなるほど、昨日よりより砂は白く、見渡す限りの左右に続き、海は青い。今日は私も水着で来ているのでさっそく海に入ってみた。遠浅なので沖までどんどん海の中を歩いてゆく。海水は生ぬるく、気持ちよく身体を包んでくれる。

ここでもバケツ入りのビールRed Stripe6本を購入したが、15米ドルだった。昨日は30米ドルだったのだ。しかも瓶入りで、よく冷えていて美味である。

ビーチのバーでジャマイカ産のAppleton Rumを使ったカクテルをいただきつつ4人でランチ。ジャークチキンプレートと、ジャマイカ産の木の実を使った炒め物のプレートをシェアした。料理が出てくるまでにかなり時間がかかった。

14:00、朝からトニーモンタナに予告されていたように、にわかに空がかき曇り、雨が降り出した。マイケルの車に乗り込んで、崖から海に飛び込めることで有名なRick’s Caféに行ってみるが、土砂降りでふだんは鈴なりだという観光客もいない。崖を見物しただけであきらめて、モンテゴベイに戻ることにする。

16:00頃帰着。船の周りも雨が降っている。キャビンから虹が見えた。グローバルWi-Fiに関する説明の紙が届いており、ジャマイカは予定外の寄港だったため、今回の契約外だったとのこと。しかし昨日は通じていたのだけれど…という細かいことは言いっこなしでいこう、なにしろここはジャマイカなのだから。

19:00、8階のリドデッキで反省会と称し、今回ネグリルに出かけた中で同い年の3人で集まってビールを飲んだ。同世代は話が通じやすくていい。

f:id:honey0202:20190619031532j:plain

この日のご一行様