EDIT THE WORLD

カメラを持って東京と日本各地と世界を行くエディターのフォトログ

フォーカシング・イリュージョン〜そのとらわれから自由になろう。

f:id:honey0202:20160719172432j:plain



もう少し理想の体型であれば、この恋がうまくいきさえすれば、結婚さえすればすべてがうまくいくのに…と、かつて思った経験はないだろうか。

 

もっと若い頃であれば「この学校に合格さえすれば」「この会社に就職できさえすれば」ということだったかもしれない。

 

じゅうぶん大人になった今では「そうじゃなかった」ということに、とっくに気づいている。


でもやはり、「この○○が○○でさえあれば…」と思わずにいられない。そして、そのことばかり考えてとらわれてしまう。

 

こんな気持ちを「フォーカシング・イリュージョン」と名付けたのは、ノーベル経済学賞受賞者のダニエル・カーネマン。2006年に発表された論文で、人は、収入などの特定の価値を得ることが幸福に直結しないにもかかわらず、それらを過大評価してしまう傾向がある、ということを述べている。


なるほど、私だけじゃなくて人の「傾向」なんだ。

 

この言葉を知ったときに、そう思って安心した。ならば、仕方ない、今度はそこから脱却すればいいんだ、と気持ちが切り替えられたから。

 

それから、なにか1つの考えにとらわれて堂々巡りをしそうになったときには「これはフォーカシング・イリュージョンってやつじゃない? 私、過大評価してない?」と自問できるようになった。

 

芸術家の友人は「人は言葉を生み出したから不自由になったんだよ」とよく言っていた。言葉にとらわれるようになってしまったから、と。なるほど、その気持ちもわかる。

 

でも逆に、言葉を知ることで救われるような気持ちになることだってあるんじゃないかな。私はいつもそう反論していた。

たとえば今の季節なら、実は「涼し」という言葉は夏の季語で、俳句の世界では暑い夜に輝く夏の月を「月涼し」と表現する。こういう言葉を知ると、世界が急に美しく見えてきて、蒸し暑い夜だって、なんだかちょっと涼しく感じられたりもする。そういうようなこと。

 

もう会えないその芸術家はなんと答えていたか、もうはっきりとは思い出せないけれど。

 

さて、ブランド・コンサルタントの守山菜穂子さんと毎月公開しているサウンドマガジン「Beautiful 40's」も第7回目を迎え、今回はボディラインについて話し合った(夏だものね!)

 

その中で「フォーカシング・イリュージョン」についても話している。とらわれすぎず、冷静に自分を見つめて、慈しんでほしいな、と思うし、自分自身でもそうありたい。

Photo : Miki Ikeda @ Manhattan 2012

 

サウンドマガジンはこちらから。

note.mu

サウンドマガジンの全文書き起こしはこちらから。

note.mu


守山菜穂子さんのブログはこちらから。

naoko-moriyama.hatenablog.jp