読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EDIT THE WORLD

カメラを持って東京と日本各地と世界を行くエディターのフォトログ

たたずまいのいい女〜大人のファッション論。

Beautiful 40's ファッション 女性

f:id:honey0202:20160220153758j:plain

 

ファッションとは生き方だ、思想だ、なんてことを割と本気で思っていた時期もとうに過ぎて、自分がどんな服を着ていればいいのかと迷う時期も乗り越えて、ようやく最近、着るものに迷わず、無駄な買い物もしない日々がやってきた。

 

が、まわりの年下の友人達は「何を着ていいかさっぱりわからくなった」という。

 

それはそうだ。いつまでも20代の頃に好きだったテイストが似合うわけではないことなんて、誰だってわかっている。でもどうすればいいのか、という答えはなかなか見つからない。

 

年を経ることで体型や肌や顔つきが変わるから、という視点でとらえることは多いと思うけれど、私は決してそれだけではないと思っている。

 

変わるのは「たたずまい」だ。

 

人のシンみたいないものは変わらないと思うのだけれど、日々何を考え、どう判断し、どう行動してきたか、という目に見えない積み重ねがその人のまわりに否が応でも漂う。

 

その変化に、昔の服が合わなくなるのだ。

 

ではどうすればいいのだろう、という具体案を、ブランド・コンサルタントの守山菜穂子さんと先月始めた「Beautiful 40's」というサウンドマガジンで語り合った。

 

こんな服がいいよ、といった各論ではなく、たたずまいに合わせた服を着よう、という精神論でもない、ちょうど中間くらいのアドバイスができたと思う。守山さんが36歳の時にファッションの迷いを乗り越えてきたときの方法も、とてもおもしろくて参考になった。

 

たたずまいには、体型や肌の質や髪の色や長さといった細かいことは何も関係ない。しかも意識すればこれからだって変えられる。

 

カッコいい女が歩いている、と思ったらショーウィンドウに映った自分だった、なんてことになったら、素敵だ。

 

キーワードは「客観視」。

 

たたずまいのいい女、を目指し続けたい。

 

 

サウンドマガジンはこちらから

note.mu

 

全文書き起こしはこちらから

 

note.mu

 

守山菜穂子さんのブログはこちらから

naoko-moriyama.hatenablog.jp

 
Beautiful 40'sのまとめはこちらから。

naoko-moriyama.hatenablog.jp