読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EDIT THE WORLD

カメラを持って東京と日本各地と世界を行くエディターのフォトログ

私たちが次世代の女性たちの"スポンサー"になるという考え方に納得〜WEF TOKYO 2016イベントレポート。

イベント 幸福 女性 人生 働く

f:id:honey0202:20161214230708j:plain

 

Women Empowerment Forum TOKYO 2016(主催:株式会社リンクス、株式会社メディアジーン/ 共催:ALL LADIES LEAGUE/ 協力:株式会社インフォバーン)というイベントにお誘いいただき、出かけてきました。

 

場所は虎ノ門のアンダーズ東京 Tokyoスタジオ。

 

これは、外務省の国際女性会議「WAW! 2016」(World Assembly for Women)の公式サイドイベントのひとつ。さまざまな分野で活躍する女性同士でイノベーションを起こしていくためのプラットフォームをつくり、醸成していくことを目的としてひらかれました。

 

また、世界最大の女性団体であるALL LADIES LEAGUE(本部はニューデリー)の東京バージョンとしての開催でもあります。

 

参加したのは、「既成概念にとらわれず、新しい価値観を生み出す」女性リーダー100名とのこと。

 

参加者名簿をいただくと、メーカー、サービス、メディア、政治など、さまざまな分野で活動する女性たちがたくさん! すごいメンバーばかりです。

 

そんななかに混じらせていただいたことは光栄ですが、なんだかちょっと気後れしちゃう私…。

 

コンセプトのなかに「いま会っておくべき100人の女性たち」というものがありましたが、これがしっくりきました。

 

「しなやかに美しく社会を変えるために女性ができること」について各自が考えたことを書いて貼っていく"チャレンジボード"や(ちなみに私は「対話」と書きました)、ネットワーキングディナーなどで楽しく過ごしました。

 

なかでもおもしろかったのが、各テーブルで30分、ディスカッションしてその結果を発表するラウンド・テーブル・ディスカッション。

 

私のテーブルのテーマは「メンタリング・コーチング(次の女性リーダーをいかに育てるか)」というもの。

 

f:id:honey0202:20161214231240j:plain

 

ファシリテーターをマイクロソフトの伊藤かつらさんにつとめていただき、さまざまな意見を交わしました。

 

(ちなみに私のテーブルには、ロフトワークの林千晶さんやアドビの中西りささんといったメンバーもいました)

 

立場の違う人さまざまなメンバーの意見はとてもおもしろく、発見に満ちていた。各テーブルに男性が必ず2名入っていたのも、ディスカッションにとても良い効果があったように思います。

 

ハッとしたのが、「私たちが他の(もっと若い)女性たちの"スポンサー"になるといいのでは」というアイディア。

 

相談相手になるのでもいい、助言をするのでもいい。なにかのチャンスを与えられるようなことがあれば積極的にそうする。意識的に、次世代の女性たちが活躍する場を醸成していく。そういうことができる立場と年齢になったのではないか。

 

これは、改めて言葉にしてもらって大発見でした。

 

f:id:honey0202:20161214231347j:plain

 

男女雇用機会均等法第一世代のかたもいらっしゃったこのイベント。

 

未だにアメリカでヒラリー・クリントンのようなパワーウーマンですら「ガラスの天井は打ち破れなかった」と言う時代ですが、先に少しがんばってきた女性たちが、次の世代の女性を応援する、というのはとても良い循環を生む、と感じました。

 

(もちろん、理解ある男性にそうしていただくのも大賛成ですよ♪)

 

ともすればピリッと固い雰囲気が漂いがちなはたらく女性を集めたイベントですが、ゆるゆるとリラックスした雰囲気が終始漂っていたのがとてもうれしかった。

 

肩の力を入れなくても女性同士で話し合えるほど我々は熟成してきたのかも、と、ちょっと自画自賛してしまいました。

 

f:id:honey0202:20161214231418j:plain

 

ひとつ残念だったのが、「幸せに生きるには/幸せに仕事をするには」というテーマがなかったこと。

 

来年から大学院で幸福学を学ぶ私としては、はたらくということも含め、幸せに生きていくには、というテーマも掲げていただけるとうれしいなと思っています。

 

なにしろ、人生の大テーマですから。最終的には幸せになることを目的にしないと、社会や世界は変えていけないと思うんです。よろしければ、トークセッションもさせていただきます! と言っておこう(笑)

f:id:honey0202:20161214231446j:plain

 

最後に、ニューデリーより、ALL LADIES LEAGUEのグローバル・チェアパーソンであるDr.Harbeen AroraからSkype経由でパワフルなメッセージが届き、閉幕となりました。

 

今年が初回だというこのイベント。来年以降もぜひ、続けていっていただけるといいなあ。

 

www.mediagene.co.jp