EDIT THE WORLD

カメラを持って東京と日本各地と世界を行くエディターのフォトログ

海外旅行

私が旅に出る理由〜君が大切だってこと。

19歳。フランス語と文学を学んでいた大学生だった私は、田舎の街からフランスに旅立った。それから何度もパスポートを更新して、いろんな旅をしてきた。旅という言葉にはカルチャーっぽくておしゃれなイメージが漂う。私もエディターとしてそういうイメージ…

Interstate〜手放すということ。

昨日の音声ブログで「手放すということ」というテーマで話した。 note.mu 一時期はよく使っていたけれど、最近出番のないカメラを3台、手放すことにしたという話である。夏にも1台、友人に譲ったので、今年は計4台のカメラを手放すことになる。 「で、次は何…

世界を変える方法。

他人は決して変えられないから、自分を変えて世界を変えるしかない。 と、その人は言った。 そうだね、世界はままならぬことで満ちている。だから、時にとても苦しくてたまらなくなる。けれど、どんなことをしたって、決して人は変えられない。だからまたつ…

Orange is the new pink〜ロゼなんて飲んでないで、オレンジワインにする?

7月にブルックリン・ワイナリーに行ったときに表の黒板にこうあった。「Do you even drink Rosé, Bro?〜まだロゼなんて飲んでんのかい?」ブルックリン・ワイナリーについてはこちらもどうぞ。 BROOKLYN WINERY ブルックリン・ワイナリー〜都市型ワイナリー…

新旧入り交じるニューヨーク。ホイットニー美術館の後はGansevoort Marketで小腹を満たしましょ。

ワインサイトWine Press Japanの連載に、ニューヨークでこの5月に移転オープンしたばかりのホイットニー美術館に併設されたレストランUntitledのことを書いた。レストラン中の人がロゼワインを飲んでいるという光景に圧倒されたこと、レストランは自由に楽し…

BROOKLYN WINERY ブルックリン・ワイナリー〜都市型ワイナリーが体現する、ライフスタイルとしてのワイン

昨年行ったときのメモを見るとこう書いていた。 「ワインを"つくる"ことからではなく"飲むシーン"から発想するとこうなる、という都市型ワイナリーの象徴のような存在。カッコいい」 BROOKLYN WINERY ブルックリン・ワイナリーのことだ。 ニューヨークワイン…

Wölffer Kitchen ウォルファー・キッチン〜ロングアイランドのワイナリーがひらいたカジュアルな社交場

ニューヨーク、ロングアイランド、イースト・ハンプトン。 高級避暑地として知られるこの地で地元の人やセレブリティに「マイ・ワイナリー」とよばれ愛されているウォルファー・エステート。その血統を継ぐ娘のジョーイ・ウォルファーが、ハンプトンの少し北…