EDIT THE WORLD

カメラを持って東京と日本各地と世界を行くエディターのフォトログ

polcaでフレンドファンディングを募集中〜久しぶりに踊ってみましょうか。

クラウドファンディング事業などをおこなうCAMPFIREから、フレンドファンディングアプリ「polca(ポルカ)」が8月10日にリリースされたというニュースを見て、さっそくアプリをダウンロードしました。 thebridge.jp これまで、クラウドファンディングでは何…

熊本への帰省#02 阿蘇へ〜復興の湯の幸せと、見知らぬ人との出会いと。

ややありて次のひぐらし鳴きにけり 美樹 阿蘇の曲がりくねった長い道をソロドライブで、今宵の宿に到着した。今日は、東京からやってきている仲間たちと阿蘇神社で合流することになっている。 途中で立ち寄った景勝地「大観峰」で、名古屋から家族旅行に来て…

熊本への帰省 #01 信じることが力なのだろう。

「いつもん道ば通ってみるね?」と母に聞かれた。 阿蘇くまもと空港から実家へ車で行くには、広告も、標識も、信号すらない整備された緑生い茂る美しい道を通るのがスタンダードだ。 しかし母は、昔から自分が通い慣れた、町の中を通る古い道を通るほうを好…

京都8句〜スナップ写真のように俳句をつくる「吟行」のやりかた。

【京都8句】 葛切にをんないよいよ姦しく 金比羅を猫の横切る夏真昼 九条にも涼しき風の吹くところ 鱧引きてをりし主人の白き指 夏の夜のグラスの中の金の泡 短夜のまなうらにある山の色 朝食に加はつてくる蝉時雨 縁(えにし)にも濃き薄きありかき氷 今回…

フォーカシング・イリュージョン〜そのとらわれから自由になろう。

もう少し理想の体型であれば、この恋がうまくいきさえすれば、結婚さえすればすべてがうまくいくのに…と、かつて思った経験はないだろうか。 もっと若い頃であれば「この学校に合格さえすれば」「この会社に就職できさえすれば」ということだったかもしれな…

俳句をタイトルにした超短編小説集『夏物語』を無料配布します。

「小説を書きませんか」と大手出版社から連絡があったのは今年の初め。「新しい文芸メディアを発刊します。ぜひ執筆陣に加わってください」私は本業は会社員だけれど、傍らで如月美樹という名で俳人としての活動を始め、もうそろそろ20年になる。作品は『新…